面接について

面接について

就職面接というのは、企業の方と直接顔と顔を合わせる大事な場です。ほとんどの場合がエントリーシートや履歴書などを見てもらい、その後に直接会いたいと思った人のみが面接を行うこととなります。
やっとそこまでたどり着いたのですから、面接で失敗しないように準備はしておかなくてはなりません。

まずは面接に行く前、到着時刻はおおよそ15分前が理想です。それ以上早く着いてしまうと迷惑ですし、5分前などになると相手もまだかな?と考え始めます。15分から10分前程度が理想ですね。
そして実際に面接が始まると、まずは身振り手振りや外見の身だしなみをチェックされます。いつもの癖が出ないように、マナー違反となることがあれば早めに日常生活で直しておいてください。その場だけでは相手も見抜いてしまいます。

また面接というのは一人で行うものではなく、企業の方と一緒になって作り上げるものであるということを理解してください。相手は一緒に働いていけるかどうか、企業にとって何をしてくれるだろうか、といった点を考えています。それを面接という短い時間で判断するわけですから、お互いに真剣勝負になります。

精一杯自分の気持ちをぶつけ、相手の気持ちを受け取るというキャッチボールこそが面接においては重要なことです。

    運営者のおススメサイト情報

  • 不況に強く安定していて将来的にも有望な業界で、今後は人を増やして業務拡大を目指す新聞配達の求人情報を探しているならスターニュースさんがオススメです。多彩な報償制度とやりがいあふれる歩合給があるので安定した収入が望めるので気になる方は是非サイトを見てみてください。

Copyright(C) 元人事の本当に必要な就職活動 All Rights Reserved.